. 東京、2010年に炭素回収および貯留プロジェクトを開始 - 科学

東京、2010年に炭素回収および貯留プロジェクトを開始

炭素回収貯蔵図画像

画像:RITE

炭素の回収と貯蔵の技術は、広範な規模で商業的に実現可能になるまでには長い道のりです。 その有効性については十分な疑いが残っており、反対の政治的レトリックにもかかわらず、私たちはおそらく、炭素回収が私たちが石炭を燃やし続けることを可能にし、道に生命に優しい惑星を持つことを可能にするという希望を差し出すべきではありませんそれはすべての人類の歴史のためでした。 とはいえ、研究は継続しており、東京はCCSの大規模な試験に参加するための最新の場所です。
GreenPacksの記事によると、2010年3月までに東京は海底下で年間100, 000トンの割合でCO2の貯蔵を開始します。 最終的なプログラムコストについての情報はありませんが、2009年には33億ドル(3500万ドル)がプロジェクトに割り当てられました。

日本の地球温暖化研究機関である地球のための革新技術研究所は、1500億トンのCO2が日本の地下および周辺の沿岸海域に貯留される可能性があると推定しています。

ドイツのプロジェクトよりわずかに速いCO2貯留率
比較に熱心な人向け:このプロジェクトでの1日あたりのCO2回収率は、1時間あたり11.5トン未満です。 これは、ドイツのVattenfallのパイロットCCSプロジェクトよりも1時間あたり10トン速いです。

経由:GreenPacks
炭素回収と貯蔵
炭素回収は再生可能エネルギーの外観を改善し、スウェーデンの研究を示唆
湿地回復:炭素回収および隔離技術の最良の代替
重要! 炭素隔離が私たちを救わない理由
1時間あたり9トンのCO2:ドイツの炭素回収パイロットプロジェクトの開始